【11月16日(水)】山陽新聞社SDGs地域課題を探る連続シンポジウム4回「未来につなぐ食と農」事前ワークショップ

今回のシンポジウムのテーマは「未来につなぐ食と農」です。(シンポジウムは11月23日の開催を予定しています)
ーーーーーーーーーー
ロシアによるウクライナ侵攻や記録的な円安、長引く新型コロナウイルス禍によって世界的に流通は激変し、日本は大きな困難に直面している。
穀物などの食料だけでなく、肥料や飼料の輸入も滞って価格は高騰し、食料危機の懸念さえ出てきた。食料を安定確保して地域を持続可能にするために、農業の果たす役割が注目される。
活力ある農業を未来にどうつないでいくか、意欲的に取り組む農業者や研究者を交えて話し合う。
ーーーーーーーーーー
事前ワークショップでは、参加者のみなさまと意見を交わしながらテーマへの理解を深めていきたいと思います。ぜひご参加ください。

~~事前ワークショップ概要~~
◆日時  2022年11月16日(水)19:00~21:00
◆場所  Zoomによるオンライン
◆内容  高松農業高校…循環型農業による食の安定確保の取り組み
     岡山高校…瀬戸内海産のカキ殻を活用して「里海米」を育てる取り組み
◆参加費 無料
◆申込  https://forms.gle/Ub4GewLRCFp736wJ7
◆主催  SDGsネットワークおかやま(事務局:岡山NPOセンター)
 共催  山陽新聞社